2018年3月31日〜4月1日
RCS第3戦・第4戦がソレイユの丘で開催されました。
IMG_7591
まずは白熱の2歳クラスレポです。


☆リノア 2歳クラス☆
IMG_8143

リノア、2歳クラス最後のRCS。
今回は父子参戦。
目標は決勝進出からのトラック表彰

コースはスタート直後下り坂、そしてゴール前は上り坂とリノアの得意な形状(喜
予定より早めについてしまいコース練習を3本+スタート練習1本いままで出したことがない15km/h台。

予備予選 5位
本予選 3位
A決勝 11位

■予備予選
課題のスタートで出遅れ後ろからのレース。
しかもだんだんアウト側に膨らみ8人中7番目で第一コーナー通過。
第二コーナーで一人抜き、最終コーナーを回ったところの得意の上り坂で一人抜き5位でゴール。

■本予選
本予選3位までがA決勝。
どうもスタートがいまいちなので本予選前にスタート練習。
リノアと向き合ってシグナルに合わせてハンドルを引っ張る。リノアに大うけ。こりゃいけるかも。
そのおかげかスタートは上々。しかしまたアウト側に膨らみ4番手で第一コーナー(焦
その後も最終コーナーまで4番手のままに進むも得意の上り坂でゴール直前に一人抜きギリギリ3位でA決勝進出(奮

■A決勝
いいスタートを切るもさすがA決勝、みんなダッシュが違う。
そしてリノアもまたもやアウト側に膨らみ12位で第一コーナー。
途中のシケインで転んでるライダーがおりリノアも一瞬立ち止まる。
転んでいるライダーを抜いて11位に上がるも立ち止まりが響いたのかそのままゴール。
わずかにトラック表彰を逃す。
ゴール後はチームのみんながタッチしに来てくれました。ありがとう。
リノアも「いちばーん!」(一番ではないっつのと思いながら苦笑)
トラックにはのれないが表彰式をあえて1番前で見る。
リノア「次リノアの番?」
パパ「今回はリノアは呼ばれないんだ。明日もっとダッシュしてトラックに乗るか?」
リノア「うん!」
リノアにはこの光景がどのように映ったのか。

今回の反省として第一コーナー前にアウトに膨らむのを修正。
そして転んでいるライダーがいても立ち止まらない工夫をする必要がある。
もう一つ、練習では15.5km/hだがレースでは最高13.3km/h。明日の2歳最後のRCSでは練習を最小限にして臨む必要があると感じる。

☆第4戦 リノア 2歳クラス 23戦目☆
IMG_8141

第3戦帰宅後リノアに
パパ「作戦会議しようか?」
リノア「作戦会議する!」
ホワイトボードにスタートグリッドから第一コーナーまでのコース図を描いてアウトに膨らむのではなくイン側に進んでいくのだよと説明すると、
リノア「わかった!」(本当か??)
そして、パパ「リノアはお友達が転んでたのが心配で止まってあげたの?」
リノア「うん」
パパ「でも転んだお友達は大きいお兄さんたちが助けてくれるからリノアはそのまま進んでもいいんだよ」(その時のビデオも見せる)
リノア「うん」(わかったのか??)
よし!
今回は練習1回+スタート練習1回に抑える。

■予備予選
予備予選開始前にいきなりぐずる。
リノア「1番(グリッド)がいい!」
前々回の大会後1番グリッドへのこだわりを修正したと思ったのだがここででてしまいました(泣
からの乗車拒否。
だがここでパパの神の手、カードを引くと奇跡の「A」の文字が(喜
リノアの希望通り1番グリッドからの出発するもあれあれ足だらーん(焦
5番手で第一コーナー、どうしたリノア??
最後の坂道でダッシュするも5番手のままゴール。あれれせっかく1番グリッドを引き当てたのにとパパ呆然

■本予選
ここでもリノア「1番(グリッド)がいい」というももう1番グリッドにはもう選手がインしてる。
焦るパパ、もうこのぐずりは「今日はだめかな」とおもいつつ、間スカスカの逆1番グリッドの13番グリッドにリノアを誘導。奇跡を願う。
スタート直後いきなり足だらーん。みんながいなくなるのを待って最下位から右に寄っていき最イン側へ移動。昨日の作戦会議が裏目に出る。パパ空いた口がふさがらない(汗
第一コーナーを9人中の8位で通過。
パパ「(2歳の集大成が)もうだめだ・・」(心の中でつぶやく)
最後の坂道でダッシュして2人抜くも6位でゴール。(抜け殻状態のパパ)

■B決勝
最後の直線で抜いたのが本予選の時わからずチームメンバーにはC決勝です!と伝えるも渡された順位表をもるとB決勝の文字が、、
シンパパから「下剋上行きましょう!」と声を掛けられ、そうだA決勝に行くためにB決勝で1位になればいいんだ。と思うも、リノア「もう疲れた。もう走らない」の言葉にパパ目の前が真っ暗に。再度「終わった・・・」と心の中でつぶやく。
だがそこからチームメンバーが続々とスタート前に集まってくれてリノアにタッチ。
チームみんなの激励を受けスイッチが入ったリノア。今日一番のスタートダッシュを見せ大外グリッドからのホールショット。
そこからもぐんぐん引き離しまさかの下剋上でA決勝進出。パパぼーぜん&感涙。

■まさかのA決勝
A決勝もリノアの好きな(逆)1番グリッドが空いていました(喜
抜群のスタートをするも同じスピードで並走する選手に横にピタッとされイン側に寄れず9番手で第一コーナー。
その後シケインで一人抜き最終コーナーでも得意のダッシュで1人抜き7位でゴール。念願のトラック表彰。パパ大興奮

今回は本当にチームのみんなからパワーをもらい奇跡のやる気スイッチオン。
チームのみんなありがとう!
そして沢山のパパママ声をかけてくれてありがとうございました。

------------
リノア、おめでとう!

続いて3.4歳クラスに続きます!

スポンサードリンク

ブログランキングに参加しています。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット